古物商許可申請を奈良を中心に大阪、京都、全国に対応いたします。奈良県大和郡山市の行政書士です。

FrontPage

ようこそ、古物商許可申請サポートへ!

はじめまして!

新着!

しばらくお休み致します。
2013/6/24

入国管理局電子届出システムがスタートしました。

入国管理局電子届出システムとは、法務大臣への届出をインターネットを利用して行うことができるシステムです。
詳しくは以下でお調べください。
http://www.immi-moj.go.jp/i-ens/system.html
2012/9/28

改正著作権法が来月10月から施行されます。

違法な海賊版と知りつつ音楽や映像を入手すると
刑罰の対象になる場合があります。
権利者の了解を得ていない海賊版の音楽や映像等を
ネット上からダウンロードしてパソコンなどのに録音、録画すると
私的使用の場合であっても、刑事罰の対象になる場合があります。
2年以下の懲役又は200万円以下の罰金が科されます。


10月は行政書士制度広報月刊です。

「行政奈良なんでも無料相談、電話相談」開催案内

行政奈良なんでも無料相談

  • 場所 奈良県行政書士会 会議室 (T.T.ビル3階)
        TEL 0742-95-5400
  • 日時 平成24年10月11日(木)25日(木)
       *事前に要電話予約

電話相談

  • 場所 奈良県行政書士会事務局
  • 日時 平成24年10月1日(月)~31日(水)平日のみ
        午前10時~午後4時30分
        
    2012/5/28
    法務省入国管理局:2012年7月9日(月)から新しい在留管理制度がスタート!
    内閣府製作動画をどうぞ!

2012/2/3
離婚届に面会方法や養育費のチェック欄を設置!

  • 未成年の子がいる夫婦の離婚について(4月より)
    • 親子の面会方法」
    • 「養育費の分担」
      チェック欄を設ける。

法務省は、離婚届の末尾に「離婚するときは面会交流や養育費の分担を協議で定める」
と説明を加え、取り決めができているかチェックする欄を設けることにした。
ただし、取り決めの有無は離婚届受理の要件ではなく、未記入でも提出できる。

2012/1/28
2012年7月9日から新しい在留管理制度がスタート!

  • 新しい在留管理制度とは、
    ①在留カードの交付

②在留期間の上限をこれまでの3年から最長5年とする

③みなし再入国許可制度の導入
出国の日から1年以内に再入国する場合の再入国許可手続を原則として不要とするみなし再入国許可制度の導入など適法に在留する外国人の方々に対する利便性を向上する措置も可能になります。
④外国人登録制度は廃止

2011/9/30
奈良県行政書士会では、下記の日程で無料相談会を開催します。

  • 日時:10/ 9~10/10 10:30~17:00 
  • 場所:イオンモール橿原アルル (奈良県橿原市曲川町7丁目20-1)
  • 日時:10/21~10/22 10:00~16:00
  • 場所:奈良県行政書士会(奈良市高天町10-1 T.T.ビル3階)

*奈良県行政書士会で実施する相談会は予約制です。

電話無料相談も実施

  • 日時:10/1~10/31(土日祝除く)10:00~16:30 
  • 受付:0742-95-5400(奈良県行政書士会)

2011/9/5
父子家庭にも医療費の助成が!

平成8月1日から母子医療費助成制度が父子過程にも拡大され、
「ひとり親家庭等医療費助成制度」に改正されました。
各区市役所にお問合せください!

2011/7/15
新たな在留管理制度がスタートします
平成21年(2009年)7月15日,「出入国管理及び難民認定法及び日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法の一部を改正する等の法律」が公布され,新たな在留管理制度が平成24年(2012年)年7月から導入されることになりました。
詳しくは
http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_1/index.html#point-1
2011.3.7
古物営業法施行規則の改正について

古物商が買受けを行う際の本人確認義務等が強化されます施行日
平成23年4月1日から施行されます。
2011.1.1
新年のご挨拶
2011年、新年あけましておめでとうございます。

大晦日よりの寒気で白銀の元旦となった地方もたくさんありました。

子どもの頃のまっしろな雪のお正月を迎えた事を思い出します。

新年もこの厳しい寒さの様に政治、経済を始め日本、世界の情勢は難しい問題に向き合うことを余儀なくされるものと思われます。

私も世界や日本の大きな根本的な問題にも取り残されていくことないように、目を向けていきたいと思います。

そして、私の事務所へご依頼を下される方々に対しても誠実をモットーに今年も頑張りたいと思います。

皆様どうぞよろしくお願い申し上げます。


古物商許可申請サポートの責任者の行政書士中田典子です。


  • 古物の売買、交換する営業を古物営業とよび、古物営業は、古物営業法により古物商許可申請を都道府県公安委員会にして、免許(許可) を得なければなりません。

  • 煩雑で面倒な申請をあなたに代わり各種許認可の専門家の行政書士がサポートいたします。


    古物とは 古物商とは 古物商許可とは 古物の区分 欠格事由 必要書類

ご依頼は中田典子行政書士事務所へ


中田典子行政書士事務所

〒639-1042 奈良県大和郡山市小泉町2104-16

お問い合わせ・ご相談

電話&FAX 0743-53-5601

携帯電話 080-3778-8553

営業時間 9時~20時(年末・年始・お盆休み)

お急ぎの場合は、上記営業時間に係らず、お電話にてお気軽にお問合せください。

  • 法令に定める行政書士の範囲を超える業務については、弁護士・司法書士・税理士と提携しています。
  • 行政書士は法律(行政書士法)で守秘義務を課されておりますので、ご安心してご相談ください。

対応エリア・地域

業務内容により

全国対応いたします。

奈良県全域(大和郡山市 奈良市 生駒市 天理市 橿原市 桜井市 香芝市 御所市 葛城市 宇陀市 平群町 三郷町 斑鳩町 安堵町 上牧町 王寺町 河合町 広陵町 川西町 三宅町 田原本町 高取町 明日香村 天川村 十津川村 川上村 上北山村 下北山村 黒滝村 御杖村 山添村 野迫川村 曽爾村 東吉野村)

今までご依頼、お問合せいただいた地域を例示いたしますと

京都市、亀岡市、木津川市、精華町、城陽市、宇治市、大阪市、東大阪市、四条畷市、柏原市等
青森県、岩手県、宮城県、栃木県、群馬県、埼玉県、東京都、千葉県、富山県、福井県、山梨県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、兵庫県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、愛媛県、香川県、福岡県、長崎県、鹿児島県他

ブログ更新履歴

トップへ
a:15412 t:5 y:4


古物商許可申請ネットワーク

  • 古物商許可申請の解説と、その手続きや相談を行っている日本全国の行政書士の紹介。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional