古物商許可申請を奈良を中心に大阪、京都、全国に対応いたします。奈良県大和郡山市の行政書士です。

古物の区分

古物の区分

古物の区分

古物は、古物営業法施行規則により、次の13品目に分類されます。

1 美術品類

  •  (書画、彫刻、工芸品等)

2  衣類

  • (和服類、洋服類、その他の衣料品)

3  時計・宝飾品類

  • (時計、眼鏡、コンタクトレンズ、宝石類、装飾具類、貴金属類、模造小判、オルゴール、万歩計等)

4  自動車

  • (その部分品を含む。タイヤ、バンパー、カーナビ、サイドミラー等)

5  自動二輪車及び原動機付自転車

  • (これらの部分品を含む。タイヤ、サイドミラー等)

6  自転車類

  • (その部分品を含む。空気入れ、かご、カバー等)

7  写真機類

  • (カメラ、レンズ、ビデオカメラ、望遠鏡、双眼鏡、光学機器)

8  事務機器類

  • (レジスター、タイプライター、計算機、謄写機、ワードプロセッサー、ファクシミリ装置、事務用電子計算機等)

9  機械工具類

  • (電機類、工作機械、土木機械、化学機械、工具等)

10 道具類

  • (家具、じゅう器、運動用具、楽器、磁気記録媒体、蓄音機用レコード、磁気的方法又は光学的方法により音、影像又はプログラムを記録した物等)

11  皮革・ゴム製品類

  • 鞄、バッグ、靴、毛皮類、化学製品(ビニール製、レザー製) )

12  書籍

13  金券類

  • ( 商品券、ビール券、乗車券、航空券、各種入場券、各種回数券、郵便切手、収入印紙、オレンジカード、テレホンカード、株主優待券 )

トップへ
a:2988 t:2 y:2

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional